HOME ▶ サマンサ日記


世界遺産をネットオークションで買いました

ウチに世界遺産、世界の記憶に登録された本があります。
10年ほど前にネットオークションで買いました。購入した本は、52巻38冊からな
る本草綱目という本で、もともと中国で作られた薬の本です。

日本にも輸入され、徳川家康が長寿の薬の参考にした伝えられており、
。その重要性から、寛文12年(1672年)に日本で複製されたものです。

この本自体は世界遺産と呼べるものではありませんが、本の中身は
世界遺産そのものなんです。

ウィキペディアの記事によると、
世界の記憶または世界記録遺産とは、ユネスコが主催する三大遺産事業のひとつ
であり、危機に瀕した歴史的記録遺産を最新のデジタル技術を駆使して保全し、
研究者や一般人に広く公開することを目的とした事業だそうです。

人類にとって、長い間記憶して後世に伝える価値があるとされる楽譜や書物など
ユネスコ世界記録遺産国際諮問委員会が1997年から2年ごとに登録事業を行って
います。ちなみに三大遺産事業は他に
不動産遺産である世界遺産、無形文化遺産である人類口伝及び無形遺産傑作があ
ります。
世界の記憶は2006年9月現在、57ヶ国120点が登録されています。歴史的文書などの
記録遺産は人類の文化を受け継ぐ重要な文化遺産であるにもかかわらず、毀損さ
れたり、
永遠に消滅する危機に瀕している場合が多いそうで。このため、ユネスコは1995
年、記録遺産の保存と利用のために記録遺産のリストを作成して効果的な保存手
段を用意するとして、世界の記憶事業を開始し、記録遺産保護の音頭を取ってい
るとのこと。
世界的な重要性を持つ記録遺産の最も適切な保存手段を講じることによって重要
な記録遺産を保存し、デジタル化を通じて全世界の多様な人々に広く普及するこ
とで、世界的観点の重要な記録遺産を持つすべての国家の認識を高めることを目
的にしています。
残念ながら、自国の費用で文化資料のデジタル化などが既に済んで公開されてい
る国には無縁の事業でもあり、結果として、中国では世界遺産でも日本では、江
戸時代に作られた古い本程度の扱いになっています。日本ではデジタル技術が進
むことによって、かえって古い本の価値を下げてしまっているのかもしれません。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、世界遺産、世界の記憶には、本草綱目(薬学)の他に黄帝内経(最古の医
学書)も
同時に登録されました。双方の本がアップル図書館には蔵書されています。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg