HOME ▶ サマンサ日記


養子縁組をすると親族になれる

生体腎移植は原則親族間に限られているため、開業医が元組員と養子縁組を偽装して、
板橋中央総合病院で手術する予定だったそうですが、組員らと金銭トラブルになり、
手術を断念し、別の人物を臓器提供者として他の病院で手術を受けた事が
分かったそうです。これにより、4人が逮捕それたそうです。
捜査関係者によると、開業医と妻は2009年10月~2010年4月、元組員が腎臓を
提供する謝礼として、仲介役の組員と女、元組員の3人に6回に渡って計1000万円を
供与し、元組員と養子縁組したとする虚偽の届け出を江戸川区役所に提出した疑いが
持たれているそうです。開業医は結局、元組員をドナーとする移植手術を断念したが、
臓器移植法は臓器提供の対価としての金銭授受やその約束を禁じており、実際に手術が
行われなくても違法であり、罰則は5年以下の懲役か500万円以下の罰金とのことです。
生体臓器移植を原則として親族間に限っている日本移植学会の倫理指針には、ドナーが
養子の場合の特別な規定がなく養子は親族とみなされるそうです。
2006年10月、宇和島徳洲会病院で生体腎移植を受けた患者の男と内縁関係だった女が、
義理の妹と偽って、ドナーとなった女に現金30万円と新車を提供したとして、
臓器移植法違反容疑で逮捕され、1997年の同法施行後、初の逮捕者となりました。
また、以前には、中国の死刑囚から臓器を提供してもらう方法で、手術込みで150万円~
170万円と聞いたことがあります。この場合、死刑囚の執行はお客さまの手術に合わせて
行ったようですから、臓器はベストの状態のものだったと考えられます。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg