HOME ▶ サマンサ日記


放射性物質が検出されても、驚かない日本

私のように、先が見えている60歳、70歳以上の方には、
大した問題ではありませんが、今の日本は、放射性物質が検出されても、
数値が低いから大丈夫としか、言いようのない日本になってしまったようです。
福島県内の保護者らでつくる市民団体、子どもたちを放射能から守る
福島ネットワークでは、福島第1原発事故の影響調査のため福島市内で生活している、
6~16歳の男女10人の尿を検査した結果、全員から微量の放射性物質が検出されたと
発表がありました。放射性セシウム134の最大値は8歳の女児で尿1ℓ中1.13ベクレル、
セシウム137の最大値は7歳男児で同1.30ベクレルだったそうです。
尿は5月下旬に採取し、チェルノブイリ原発事故で周辺の子供の被爆量を
調査した経験のある、フランスの放射線測定機関、アクロ研究所に検査を
依頼したそうです。アクロ研究所の理事長は記者会見で、福島市周辺の子供らに
極めて高い確度で内部被爆している可能性があり、事故前の数値は
ゼロだったと考えられる、と話したそうです。放射性物質の測定結果が
いくつだったら良いのか、悪いのかは、生涯を通じてしか、解らないようですから、
この数値で良いとか、悪いとかは批評できませんが、子供たちだけでも、
放射性物質、ゼロの地点に移動して欲しいものです。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category