HOME ▶ サマンサ日記


年間許容線量の500年分と言われても

文部科学省は8月19日、東京電力福島第1原子力発電所の事故で警戒区域
(半径20㎞圏内)に指定された、9市町村の内の50地点について、
事故発生から1年間の積算放射線量の推計値(1日8時間屋外にいた場合)が
初めて公表しました。最高は原子力発電所の西南西3㎞の大熊町小入野で、
508.1ミリシーベルトで、一般人の人工被ばくの年間許容線量の500年分に
相当するそうです。他の35地点でも20ミリシーベルトを超えています。
大熊町では全12地点で20ミリシーベルトを超え、内7地点で、
100ミリシーベルトを超えているそうです。最新推計値も大熊町小入野の
毎時75マイクロシーベルトが最高で、避難住民の一時帰宅の目安とされる
毎時200マイクロシーベルトは下回っているそうです。
ただ、年間許容線量の500年分と言われても、解決方法が見あたりません。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、今後のために、警戒区域内50地点の来年3月11日までの
年間積算線量推計値をコピーしておきます。
この値に、事故当時の気象状況や地形などを含めて研究が必要です。
()内は福島第1原子力発電所からの距離、単位はミリシーベルト。
田村市都路町古道(西南西18㎞)  7.7
田村市都路町古道(西17㎞)    6.6
大熊町小入野(西南西3㎞)    508.1
大熊町夫沢(西2.5㎞)      393.7
大熊町熊川(南南西3.5㎞)    233.0
大熊町下野上(西南西5㎞)    198.1
大熊町夫沢(西2.5㎞)      169.2
大熊町夫沢(西北西2.5㎞)    143.4
大熊町熊川(南4㎞)       126.7
大熊町野上(西南西7㎞)     99.5
大熊町小入野(西南西3.5㎞)   80.9
大熊町野上(西11㎞)       24.2
大熊町大川原(西南西8㎞)    23.5
大熊町野上(西14㎞)       21.6
浪江町川房(北西20㎞)     223.7
浪江町井手(西北西9㎞)     148.5
浪江町小丸(西北西12㎞)    145.4
浪江町昼曽根(北西20㎞)    145.1
浪江町室原(北西16㎞)     127.8
浪江町末森(北西11㎞)     61.8
浪江町酒井(北北西7㎞)     57.9
浪江町立野(北西14㎞)     38.3
浪江町立野(北北西11㎞)    38.0
浪江町北幾世橋(北8㎞)     4.1
双葉町長塚(北北西5㎞)    172.4
双葉町石熊(西7㎞)      126.6
双葉町長塚(北北西4㎞)     67.4
双葉町山田(西7㎞)       66.9
双葉町前田(西北西3.5㎞)    52.5
双葉町寺沢(北西7㎞)      45.0
双葉町新山(北西3.5㎞)     28.8
富岡町小良ケ浜(南南西6㎞)  115.3
富岡町本岡(南南西7㎞)     77.0
富岡町上手岡(南西8㎞)     39.5
富岡町上手岡(南西13㎞)    33.2
富岡町小浜(南10㎞)      29.6
富岡町上郡山(南南西13㎞)   21.7
富岡町上手岡(西南西10㎞)   13.7
楢葉町上繁岡(南南西14㎞)   15.4
楢葉町井出(南西15㎞)     13.1
楢葉町井出(南16㎞)       5.1
川内村下川内(西南西19㎞)   11.4
川内村下川内(西南西16㎞)    7.8
南相馬市小高区金谷(北西18㎞) 53.1
南相馬市小高区神山(北北西13㎞)12.4 
南相馬市小高区大富(北北西19㎞)11.8
南相馬市小高区片草(北北西18㎞) 6.5
南相馬市小高区泉沢(北北西14㎞) 4.1
南相馬市小高区行津(北北西11㎞) 3.7
南相馬市小高区大井(北16㎞)   3.6


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg