HOME ▶ サマンサ日記


気仙沼では6000年間に6回大津波がありました

宮城県気仙沼市本吉町の大谷海岸では過去約6000年間で6回の大津波に
襲われたことを示す地層が、北海道大学の自然地理学の教授らが発見したそうです。
地層の年代測定は未だとのことですが、1回は貞観地震津波で869年の可能性があり、
貞観地震の痕跡は過去の研究では、石巻平野が北限で、年代測定で特定できれば、
貞観地震は津波が三陸沿岸にも到達するほど大規模だったことになるそうです。
今回の発見は、湿った黒土層や泥炭層が重なる幅約7m、高さ約2.5mの範囲に、
6層の津波による堆積物を確認したそうです。上から5層目の下に、5400年前の
十和田火山噴火による火山灰の層があり、火山灰の下の、6層目の痕跡を
約6000年前と推定したそうです。また、見つかった土器の年代から、3層目は
約2000年前の津波による堆積物と特定し、津波堆積物の間の黒土層の厚さを基に、
最も上の層は1611年の慶長三陸津波、2層目は貞観地震津波と推測したそうです。
十和田火山は、915年にも噴火しているそうで、2層目より上に、この火山灰が
確認されれば、2層目は貞観地震津波の可能性が高くなるそうで、目視では
火山灰と思われる物質があるそうです。この堆積順が理解できないのですが、
古文書や書籍の文字検索では1000年くらい前のことがようやく分かる程度です。
津波や火山爆爆発による堆積物の地層を調べることで、6000年前の歴史が分かり、
文字がなかった頃の、人類の生活も地層に埋まっている土器などで分かってきます。
東日本大震災は不幸なできごとですが、各方面の研究資料を残すことが、
今後の復興や発展に重要な資料になると思われます。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg