HOME ▶ サマンサ日記


千葉、青梅、奥多摩で高濃度の汚染堆肥が発見されました

今も、セシウム汚染が広がっています。8月23日、千葉県の酪農家が作った
堆肥から高濃度のセシウムが検出されました。堆肥に対する国の暫定基準値は
400ベクレル/㎏ですが、千葉市や銚子市の農場など16ヶ所から
500~600ベクレル/kgのセシウムが検出されました。堆肥から500ベクレルを
超えるセシウムを検出した酪農家は、堆肥に混ぜた剪定枝から
最大968ベクレルを検出し、汚染した稲藁を使用した地域ということで
行われた検査でしたが、汚染源は稲藁に限定できないことが分かったそうです。
また、東京都でも奥多摩や青梅市の堆肥からもセシウム汚染が検出され、
汚染堆肥は全国に出荷されていることから、検査結果を基に千葉県の酪農家に
堆肥の流通自粛を求めたそうです。ですが、農林水産省では、特例措置として
1000ベクレル/㎏の汚泥を堆肥の原料として用いることができるとのことで、
この堆肥が全国に流通しているものと思われます。8月に入っても、東北や
関東の農地や農産物や畜産物などから、次々に高濃度のセシウム汚染が
発見されています。今後、セシウム汚染は堆肥の流通を通して、全国に
広がっていく模様です。堆肥には、産地の表記義務がありません。また、
堆肥の原料の産地を示す表記もありませんので、セシウム汚染を防ぐためには、
堆肥を用いないことですが、堆肥を用いないと農産物の収量や品質が
低下することになります。セシウムの半減期は30年とのことで、これから、
100年にも及ぶ長い間、汚染された土壌で農産物が栽培されることになります。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg