HOME ▶ サマンサ日記


セシウムなど放射性物質についての対応が遅い

各紙によると、長野県から10月26日、長野県佐久市の山中で24日採取された
野生キノコ、チャナメツムタケから、国の暫定規制値、1㎏当たり500ベクレルを
超える、1320ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表がありました。
チャナメツムタケは食用ですが、流通していないそうです。これを受けて、
佐久市と隣接4市町に野生キノコの採取や出荷、摂取の自粛を呼びかけたそうです。
キノコはセシウムなど放射性物質の濃度を高める性質があり、国の暫定規制値、
1㎏当たり500ベクレルを越えるキノコが相次いで発見されたため、
キノコ栽培資材の放射性物質の濃度を150ベクレルに下げられたようです。
ただ、先日まで、国の暫定規制値を越える、キノコ資材も使われていた
可能性がありますし、栽培舎には、半年分くらいのキノコ資材を在庫している
栽培舎があります。また、今まで、それぞれのキノコ栽培資材は放射性物質を
計測して販売されたものはないと思われますので、出荷するキノコを計測して
販売する必要があります。さらに、原木栽培のキノコは栽培を始めてから、
少なくても1年半、長いもので、2~3年、人工培地のものでは、数ヶ月の
栽培期間が必要です。このため、今後、半年から2、3年先まで放射性物質を
計測して販売する必要があります。
2、3年先には、放射性物質も忘れられているとよいのですが。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、先日、長野県から、キノコ栽培資材を計測して、販売するようにとの
通知が来ましたが、何処で計測するのか、いくらかかるのか、費用は誰が支払うのか
などなど、書かれていません。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg