HOME ▶ サマンサ日記


除染作業で生じる汚染土壌の行き先

日本原子力研究開発機構は、東京電力福島第1原子力発電所から3㎞以内にある
福島県大熊町役場で、水循環装置を用いた除染作業の様子が公開されました。
鉄筋コンクリート3階建ての大熊町役場屋上床面に建設会社の社員らが高圧スプレーを
用いて水を吹き付け、放射線量を測定する方法で除染作業が進められました。
今までも、高圧洗浄による除染は行われていますが、放射性物質を含む大量の汚染水が
発生し、周辺に飛散したり、周辺に流れ出すのが最大の欠点でしたが、水循環装置を
導入することで大量の汚染水の発生は減るようです。作業では、2m四方の床面を
10分間かけて洗浄した結果、表面線量が毎時16.45マイクロシーベルトから
9.87マイクロシーベルトに下がったそうです。この除染を繰り返すことで、表面線量を
下げることは可能のようです。ただ、表面線量を0に近づけるためには、長い年月が
必要のようです。また、一方では放射能に汚染された土壌を海に捨てる案が、一部の
研究者の間で浮上しています。除染のために削り取った汚染土壌の処分場所が
確保できないことを見込んでのことのようです。水圧に耐え、腐食しない容器に、
汚染土壌を入れて、日本近海の水深2000m以下に沈める方法が検討されているようです。またまた、海に捨てることが提案されているようです。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg