HOME ▶ サマンサ日記


稲作のセシウム対策

農水省は9月14日、放射性セシウム濃度が1㎏あたり5000ベクレルを上回る
農地は、何らかの方法で5000ベクレル未満に下げるという農地除染目標を
示しましたが、農地が5000べクレル未満であれば、米の放射性セシウム濃度は
暫定規制値500ベクレル未満に収まるという発想からだったそうです。
規制値1㎏あたり500ベクレルを超える放射性セシウムが検出された米が採れた
水田では、カリウム肥料の使用量が比較的少ない傾向にあったそうで、土壌から
米にセシウムが移行しない方法や移行しにくい栽培方法が見えてきたようです。
福島県と農林水産省が行った調査では規制値超の米が採れた水田と、その周辺の
規制値を超えなかった水田、計31ヶ所の土壌を採取して分析した結果、セシウムは
カリウムと性質が似ているため、カリウム肥料が少ない水田で、カリウムの
代わりにセシウムを吸収したと見られるそうです。また、地表から深さ5cmまでの
放射性セシウム濃度が、深さ5~15cmの土壌に比べ平均で3.6倍高かったそうで、
根が浅い場所では、カリウム肥料を多く与えたり、深く耕すよう技術指導することも
検討しているそうです。来年は規制値が100ベクレルに下げられますが、規制値を
超えた米については国が全て買い上げる方針とのことで農家にとっては安心して
稲作ができそうです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、ただ、農地が5000ベクレル未満であれば良いと言われても、
生産者も消費者も気持ちの良いものではありません。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg