HOME ▶ サマンサ日記


上田騒動記のこと

信州上田藩(藩主、松平忠順)の農民約1万3000人が宝暦11年(1761年)
12月11日、上田城へ押し掛けた。一揆での願いは、年貢の軽減、農民を人足として
使う事をやめる、検見を行う役人(郡奉行)の不正の取り締まりであった。
この郡奉行は、その年から年貢の徴収方法を従来の定免法から古来の検見法に戻し、
農民を踏み台にして得た年貢で立身出世を謀ろうとした、とされている。
一揆に参加した農民は、夫神村、田沢村、当郷村、村松郷、入奈良本村、下奈良本村
(以上現・長野県小県郡青木村)、川西、諏訪部、別所、福田、舞田(以上現・
上田市)、千曲川西岸の農民がほとんどであった。12月11日、諏訪部の河原に
集合した農民たちは夜明けとともに上田城下になだれ込んだが、彼らが入城したとき
藩主は江戸に出府中で、家老の岡部九郎兵衛が代わりに願いを聞いた。岡部は
農民達を前にして、もし願いが聞き届けられなかった場合は、農民たちが見ている
前で切腹する覚悟だと話したと言われている。その翌日に、農民たちは城下町で
打ち壊しを行ったほか、小牧村(現・上田市)の庄屋が役人と結託しているとして、
庄屋の家を襲撃した。宝暦12年(1762年)1月9日、上田城に呼び出された農民は
岡部から、不正を行っていた郡奉行達を罷免したことと、例え如何なる事情が
あっても、騒動や直訴は御定法(違法行為)であるので、騒動の首謀者を発見し、
取り調べると言い渡した。農民たちにすれば、自分達の要求の大半が受け入れられた
ため、一揆は成功したことになったが、首謀者たちは役人による追及を受けることに
なった。呼び出しから10日後、首謀者が夫神村の農民、清水半平と中沢浅之丞、
庄屋の西戸太郎兵衛であることが判明し、宝暦13年(1763年)3月2日に
半平(60歳)と浅之丞(39歳)は死罪、太郎兵衛は永牢となった。その後、太郎兵衛は
20年後の天明3年(1783年)に出獄し、寛政2年(1790年)に84歳で死去した。
長野市川中島周辺に上田藩の1万石の飛び地があり、上田から40㎞ほど離れた
ウチの村も、上田藩の1334石の飛び地であったが、一揆の連絡は無く、
参加しなかったようで、一揆の後、褒美が届いたと伝わっています。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、詳しくは、上田騒動記をご覧下さい。上田騒動記は筆字の原本と活字の訳本を
販売しています。論文はこちら、http://www.i-apple.jp/thesis-pdf/200509b.pdf


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg