HOME ▶ サマンサ日記


植物工場のエネルギー問題

植物工場は食材を周年栽培することを目的としています。多くは、養液栽培を
用いて、自然光や人工光を利用して植物を生育させるもので、光の他、温度、
湿度、二酸化炭素などの調整を行っています。植物工場は露地栽培と比較すると
利点と欠点が存在します。利点は凶作がなく、一定の量、形や味、栄養素など
品質の維持が可能で、価格も安定しています。また、病原菌や害虫の侵入が
少ないため、予防や駆除するための農薬散布の回数や農薬使用量も軽減されます。
また、土などの付着物が少ないことから、簡易洗浄か洗浄しないまま食べる
ことができ、手間や水道費用の削減ができます。また、植物工場は養液栽培のため、
連作障害の影響を受けません。光の強さや日長、温度や湿度、培養液成分や
二酸化炭素濃度をコントロールすることで、栽培植物の最適な環境を作り出し
成長を促進させることができるため、短期間で出荷可能な状態まで育てられ、
年間十数回栽培しているものもあります。このような植物工場ですが、
多くの工場は経営不振に陥っています。植物工場は、一年中、栽培植物が
最適条件で成長させるための環境調整にかかるエネルギーを大量に消費しています。
このエネルギーにかかる費用が問題になっています。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg