HOME ▶ サマンサ日記


助かる命があります

6歳未満で初めて脳死と判定された男児から、臓器の提供を
受けて、心臓は10歳未満の女児に移植されるなど、3ヶ所の
移植施設が決まり提供する男児が入院している病院に3施設の
医療チームが到着し、臓器の状態を最終チェックし、本日、
摘出手術を行うそうです。提供される臓器は、心臓の他、肝臓と
二つの腎臓で肝臓は10歳未満の女児に、腎臓は60代女性に、
それぞれ移植されるそうです。また、肺は移植に適した患者が
いないそうで、膵臓と小腸は医学的な理由で断念したとのことです。
ips細胞の発見で、臓器提供者が現れなくても、助かる命が
増加すると思っていたのですが、実用化までには、もう少し時間が
必要のようです。それにしても、臓器移植を待っている人が
多いことに驚いています。海外で移植手術を受けるために資金集めを
している話しや中国に旅行して、移植手術を受ける話しが耳に
入ってきます。これらは、架空の話しではないようです。
臓器を提供する男児と臓器提供を決断した両親に感謝し、
男児のご冥福をお祈りしたいと思います。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg