HOME ▶ サマンサ日記


平安時代の人の気持ち

土器の底に、酒の文字がたくさん書かれている平安時代の坏が
千葉県流山市の前平井遺跡から出土したそうです。発掘した
千葉県教育振興財団文化財センターでは、文字を書いて実際の
酒の代わりにして、祭祀に用いた可能性がある、と推測している
そうです。土器は、直径約12㎝、底の直径が6㎝、深さ3.7㎝の
坏で、内側と外側に20字以上の文字が墨で書かれているそうで、
底には、酒の字が同じ向きで6文字以上並んでいるそうです。
平安時代の人は坏に注がれた酒が蒸発してしまうことを考えて、
坏に酒が注がれていたことを、どうしても、神様、仏様に伝えた
かったのでしょうか。坏の酒は、神様に奉納したものか、仏様に
奉納したものかは分かりませんが、神様、仏様に使えていた
平安時代の人も酒好きで、自分が飲んでしまったと疑われないために、
坏の底に酒の文字を墨で残したのかも知れません。本日は、
平安時代の人の気持ちをつまみにして、ビールを頂くことにします。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg