HOME ▶ サマンサ日記


田螺の声を聞いたことがありますか

昔、長野市川中島は二毛作でしたので、今が田植えシーズンです。
川中島では、麦を栽培していましたので、麦を収穫した後の7月の上旬か
中旬に田植えをしていました。長野市では8月、夏休みに入り上越から
富山の海岸に、海水浴に出かけます。海のない長野県から行くと、
海も驚きましたが、稲の穂がでていることに驚きました。上越や富山では
4月、5月の連休に田植えをしていたのでしょうか。ところで、
俳句の世界では、田螺が鳴くそうですが、小学生でも田螺は鳴かないことを
知っています。俳句の世界は科学的ではないようです。それでも、
田螺の鳴く声を聞こうと、メダカの水槽に入れてある、お掃除をお願い
している、田螺を捕まえてみたら、水を吐くときに、ギューと僅かですが、
泣き声がしました。これを田螺の泣き声とするには、問題がありますが、
田螺の体から出た音ですから、泣き声にしておきます。世の中には、田螺を
鳴かせた俳句がいくつも存在します。これは、信濃町の田螺の声です。
鳴く田螺鍋の中ともしらざるや 一茶。次は夏目漱石が聞いた、田螺の声です。
よく聞けば田螺鳴くなり鍋の中 漱石。もう一句、ぶつぶつと大な田螺の不平哉 
漱石。 また、木曽義仲も芭蕉も琵琶湖の田螺の声を聞いたようです。
田螺取義仲寺遠く暮れにけり 蛇笏。確かに、田螺は鳴いたようですが、
泣かせたのは、何時も人間のようです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、田螺は水田を隈無く、巡回して泥の中から有機物を探して食べている
ようですから、放射性物質の影響を受けているそうで、今は、食べない方が
よいようです。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg