HOME ▶ サマンサ日記


看護師が娘の余命を漏らした場合

癌だった娘の余命を病院の看護師が漏らし、自分が経営する飲食店の客から
知らされて精神的苦痛を受けたとして、大分市の女性が同市内の病院の院長に
330万円の損害賠償を求めた訴訟で、福岡高裁は、請求を棄却した1審の
判決を変更し、院長に110万円の支払いを命じる判決を言い渡したそうです。
裁判長は、院長には看護師が職務上知り得た情報を漏らすことがないように、
監督する義務があった、と述べたそうです。判決によると、女性の娘は癌の
治療で同病院に入院、通院を繰り返していた。担当の看護師は、余命が
半年と分かり、飲食店名とともに夫に漏らした。夫は同店の利用客で、来店した
際、医師から余命を告げられていない女性に、娘さん、長くないんだって。
あと半年なんやろ、などと話した。娘は同年19歳で亡くなった。1審は
看護師の夫婦間で私的に行われた行為として、院長の責任は認めなかったが、
2審では勤務場所でなくても、看護師が職務上知り得た秘密を漏らさないよう、
監督することができた、として使用者責任を認めた。まあ、生きているものは、
早かれ、遅かれ亡くなるわけですが、余命を他人に、それも、かかりつけの
病院で働いている看護師に漏らされたくはないですよね。19歳で亡くなった
娘さんの損害賠償としては安いと思いますが、院長の責任は、こんなもの
なのでしょう。ただ、医院の失った信頼は110万円だけではないと思います。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg