HOME ▶ サマンサ日記


意外な場所に、意外な設備があります

8月3日、1730頃、長野県東筑摩郡朝日村古見の東京電力新信濃変電所から
出火し、松本広域消防局から化学消防車が出動しました。新信濃変電所は
高圧電流が流れているため、消火に時間がかかり、約3時間20分後に
消し止められたそうです。新信濃変電所によると、出火したのは、
トランスに接続しているコンデンサー1器、縦9m、横7.8m、高さ4.3mで、
新信濃変電所のトランスは梓川などにある長野県内の揚水式ダムで発電した
電気を首都圏方面に送るため電圧を調整する装置で、コンデンサーは5器
接続していたそうで、出火直後は音を伴って、黒煙が立ち上ったそうです。
この新信濃変電所は、1977年に稼働開始され、日本の東西で異なる電気の
周波数、東日本50hz、西日本60hzを変換する設備で、1日当たり、
60万kwを融通できるそうです。コンデンサーとトランスがどのような
働きをしているのかは分かりませんが、周波数50hzと60hzを変換する
設備ということは、何となく理解できます。揚水式ダムで発電した電気を
首都圏方面に送るための装置とのことで、そんなものが、長野県の
畑の真ん中にあり、ビックリしました。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、長野県は中部電力のサービスエリアですが、東京電力の水力発電所など
がたくさんあります。原子力発電所は長野県内にはありません。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg