HOME ▶ サマンサ日記


何を食べて、命を繋いで来たかが書かれています

『かてもの』と言う本があります。かてものは飢饉の時、主食である
穀物とともに炊き合わせを行う食物が書かれています。飢饉などで
食糧不足に陥った際、主食を節約するための代用食となる食物と
調理方法が書かれています。天明3年(1783)に起きた飢饉救済を
参考にして研究され、寛政12年(1800)、当時の米沢藩重臣、
莅戸善政が、執筆した飢饉救済の手引書で、2年後の享和2年(1802)に、
前藩主上杉治憲(鷹山)の命によって、1575冊発行されました。
発行されてから、30年後の天保4年(1833)の大飢饉の時に活用されたと
書かれています。また、昭和9年(1934)の飢饉の時に活字にして刊行され、
昭和16年(1941)、太平洋戦争で食糧事情が緊迫した際も活用されたそうです。
かてものに、くぞの食べ方が書かれています。くぞの葉、くずの葉と
も云う、わか葉をよくゆびき、かてものとす。くずの根、根を掘とり、
つきくだき汁をとり水簸(すいひ)すること十篇あまりし、団子にして
食らう。※ゆびきとは、ゆびくこと。特に、魚や鶏肉などを熱湯に、
くぐらせて表面だけ熱を通すこと。 ※水簸とは、陶芸用語で、土粒子の
大きさによって水中での沈降速度が異なるのを利用して、大きさの違う
土粒子群に分ける操作、陶土を細粉と粗粉に分けたり、砂金を採集する
方法とのことです。今は、葛の葉も根も食べる人はいないと思いますが、
子供の頃には、デンプンに砂糖を入れ、熱湯をかけたものを葛湯と
言って飲んだことがあります。昔から離乳食、流動食、介護食、病み
上がりの食べ物として食べられてきたそうです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、かてものには飢饉の時の食べ物が約80種の紹介されています。
当社の図書館でコピーを販売しています。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg