HOME ▶ サマンサ日記


浅間山山麓の放射性物質事情

2012年08月25日、御代田町で市民が採取して、佐久市に持ち込んだ野生の
雑キノコから350Bq/㎏の放射性セシウムが検出されたと発表がありました。
このキノコは8月23日、佐久市の簡易型測定器で測ったところ放射性セシウムが
検出され、東信公害研究所で再測定して数値が明らかになったそうです。
このキノコは食用でなく、汚染状態を確かめるために採取したとのことで、
採取地の御代田町は、軽井沢町の隣町で、民間業者が経営するゴミ最終処
分場があり、野菜や果樹や米が栽培され、住宅が点在しています。軽井沢から
出た可燃ゴミは佐久市に運び焼却され、その灰は御代田町に埋め立てられて
いるそうです。さらに、この処分場には、放射物質が濃縮された焼却灰が
埋め立てられているそうです。昨年の原発事故で、この処分場がある周辺の
軽井沢町、御代田町、佐久市、佐久穂町にも放射性物質が降り、同時に
群馬県境から東の関東地方には、濃度の高い放射性物質が降りました。
この濃度の高い灰が降った地域を含む約50の自治体が、御代田町の
民間業者と焼却灰の埋め立てを契約しているそうです。昨年度は放射性物質の
濃度を5000Bq/kgまでという基準値で契約していましたが、その危険性を
危惧する住民と、業者、小諸市などの間で、今年度の新規契約からは
500Bq/kgという新基準を採用する事になっていました。ところが、この春、
小諸市長選挙があり、新しい市長が選ばれました。そして、5月には新市長と
業者が新規契約についての基準を、500 Bq/㎏から2500 Bq/㎏に緩和する事を
合意しました。一度合意され周知された基準を、一方的に危険な側に緩和する
という措置で、小諸市の住民から市議会に、小諸市長の合意した
放射性セシウム濃度2500Bq/㎏の撤回を求める陳情書が提出されました。
小諸市では500Bq/㎏から2500 Bq/㎏に緩和した事には触れずに、
国の基準では8000Bq/㎏までは埋立てて良いことになっていて、合法と
説明しています。雑キノコからセシウムが検出された記事とは、
関係がないと思われますが浅間山山麓では放射性物質の影響を受けて
噴火しそうです。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg