HOME ▶ サマンサ日記


象の檻が撤去されます

沖縄に行くのに、パスパートが必要だった頃、象の檻を見に行きました。
象の檻は、直径440m、高さ37mの巨大な円形のアンテナで、アメリカ軍が
全方向を受信するために、円形形状に建てられていたことから、象の檻と
呼ばれていました。象の檻は、短波帯3~30MHzを受信するためのアンテナで、
指向性があり、電波の到来方向を調査することができ、2つ以上の象の檻が
連携することで発信地を特定できるアンテナで、極秘に電波の発信地を
特定するために用いられていました。このため、象の檻はホワイトハウスが
管理していると噂されていました。通信衛星がなかった時代に、鉄の
カーテンなどとも呼ばれ世界の情報を得られる重要なアンテナでした。
現在、軍の通信は衛星を使って行われているようで、低い周波数の
アンテナは必要がないようです。象の檻を沖縄県楚辺通信所で見たことが
あるのですが、青森県のものは見る機会がありませんでしたが、撤去される
そうです。また、沖縄には、VOAの受信所があり、数㎞に及ぶ、
ロンピックアンテナが張られていて、それを見に行ったことがあります。
当時は、木製の電柱を数本、縦に繋いだものを何十本も林のように建てて
使用していました。今、通信も放送も高い周波数が使われるようになり、
アンテナも小型になり、象の檻の撤去はその証のようです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、10年以上も前から、3mのパラボラアンテナを使っていましたが、
パラボラアンテナも小型になってきました。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg