HOME ▶ サマンサ日記


平氏は、日蝕があることを知っていた

その後、情報がありません。情報をお願いします。水島の戦いで、平氏は、日食が
起きることを知っていたのかどうか、知っていたとすれば、どのような方法で日食を
知ることができたのかどうか調べています。水島の戦いは、寿永2年閏10月1日、
現在の倉敷市玉島で、木曽義仲軍と平氏軍との間で起きた戦いです。
このとき平氏軍の拠点は屋島にあり、平氏を追討するため、寿永2年9月20日に、
木曽義仲軍は都を出発して屋島へ進み、閏10月1日、四国へ渡る前に、水島付近で、
平氏軍に敗れた。義仲軍を率いていたのは、足利義清、海野幸広で、平氏は、
軍船同士を繋ぎ合わせ、船に板を渡し、陣を構えていた。源平両軍の船舶が接近し、
互いに刀を抜いて、戦いが始まろうとした時、平氏の射手が義仲軍へ矢を浴びせかけ
戦闘が開始した。平氏軍は船に慣れた馬を同乗させており、その馬とともに海岸まで
泳いで上陸し、最終的に平氏軍が勝利し、義仲軍は足利義清、海野幸広の両大将や
足利義長、高梨高信といった諸将を失い壊滅し、京都へ敗走した。この勝利により
平氏軍は勢力を回復し、再入京を企て福原まで戻り、一ノ谷の戦いを迎えた。
この時、戦いの最中に、95%ほど欠けた金環食が起こったことが、源平盛衰記に
書かれています。平氏は公家として暦を作成する仕事を行なっていたことから、
平氏は日食が起こることを予測しており、それを戦闘に利用したとの説があります。
問題は、その日の日食を本当に知っていたかどうかなのですが、面白いでしょう。
源平盛衰記はウチの図書館にあります。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg