HOME ▶ サマンサ日記


100年遅れの水力発電所

長野県駒ケ根市内の企業経営者らが設立した、駒ケ根自然エネルギーは、
駒ヶ根市赤穂の太田切川右岸の農業用排水路に小水力発電機を設置し、
通電式を行いました。再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を
利用し、中部電力に売電するそうです。民間事業者が電力会社へ
売電できる再生可能エネルギー発電設備認定を経済産業省から
受けたのは、県内では初めてで自然エネルギー促進と河川敷周辺の
観光公園化構想が相乗効果となって実現したそうです。太田切川から
取水して、農業用に使った後の水を再び同河川へ戻す排水路を
利用したため、水利権申請は必要なかったそうです。
駒ケ根土地改良区が土地を所有し、維持管理組合が管理しており、
両団体の許可を得て設置し、設備の概要は高低差15mの水路に、
長さ45m導水管を設置、毎秒0.1㎥の流量で水車を回して
出力5.5kw/hを発電可能のもので、総事業費は約1000万円で年間
約180万円の売電することで、6~7年で採算が取れる試算とのことです。
駒ヶ根市は、小水力発電開発補助事業の第1号として事前調査、
設置工事を合わせて94万6000円を補助するそうです。
駒ヶ根市赤穂では、大正年間に村営の水力発電所を巡る赤穂騒擾事件と
いう事件があり、その事件から数えて、100年遅れの水力発電所と
言うことになります。詳しくは、こちら、http://www.i-apple.jp/catseye/2010/10/post_140.html
これらの書籍のコピーは当社図書館で販売しております。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg