HOME ▶ サマンサ日記


20%の働きアリは働かないそうです

働きアリの集団の中に常に約20%働かないアリがいて、働くアリだけのグループを
作っても必ず働かないアリがいることを、北海道大大学院准教授らが発見したそうです。
働かないアリがいて、別の仕事が生じた場合、すぐに対応できる仕組みがあるようだ
とのことです。効率は下がるが、集団を維持する巧妙なシステムがあるようだ、と推測
しているそうです。これは、日本動物行動学会のジャーナル・オブ・エソロジーの1月号に
発表したもので、体が大きく観察しやすいシワクシケアリを北海道大学苫小牧研究林で
採取し、働きアリ150匹と女王アリ1匹のコロニーを8個作り、人工の巣で飼育し、色を
付けて識別した各個体の動きを観察したそうです。その結果、卵の世話をするなどの
仕事量には、ばらつきがあり、どのコロニーにも、ほとんど働かないアリが約20%いる
そうです。この働かないアリだけを30匹集めると、その内、約20%が働かないままで、
残りはよく働くようになり、よく働くアリだけを集めて新たなグループを作っても、一部は
働かなくなったそうです。仕事の熱心さに年齢などは関係なかったそうです。また、
人間社会のように集団に指示するボスはいないが、自然と働くものと働かないものが
でるそうです。人間社会にも、ありそうで、さらなる研究をお待ちしております。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、アリの社会を人間の社会と比較すると、とても興味深いですよね。
猫ですか、猫は働きませんが人間の近くにいることが仕事と言えば仕事です。
ところで、ペットって、サービス業ですか。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg