HOME ▶ サマンサ日記


象が生息する環境

象など希少動物の国際取引は、ワシントン条約で規制されています。日本の動物園にいる
ゾウの数が最も多かったのは、1985年に152頭で、2011年には117頭に減ったそうです。
スマトラ島では、絶滅危惧種のスマトラゾウが毒殺される事件が増加していて、
象牙目当ての他に、パーム油の原料であるアブラヤシの畑を荒らす、害獣として
駆除対象になっているそうです。パーム油はアブラヤシの果実から得られる植物油です。
食用油、マーガリン、石鹸の材料に使用される他、バイオディーゼル燃料としての利用も
増えているそうです。日本の動物園では現存している象の情報交換を行い、人工繁殖を
試みていますが、人工授精による繁殖は、2000年に米国のインディアナポリス動物園で
成功した記録がありますが、その後、見あたりません。また、ボツワナでは2012年現在、
観光客などがレジャー目的でハンティングの対象にもなっているそうです。
象も人間社会の中で厳しい環境と戦っているようです。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg