HOME ▶ サマンサ日記


イソプレンはオゾンを生成するそうです

オスロ、ロイターによると、環境に優しいとされる、バイオ燃料の原料となる植物の栽培が、
大気汚染につながる可能性があることが分かったそうです。植物は成長過程で大気中の
二酸化炭素を吸収するため、燃やすと吸収した二酸化炭素が大気中に戻るだけで、
環境に優しいとされていますが、バイオ燃料の原料となるポプラや柳、ユーカリの木は
成長が早く、再生可能な木質燃料として使用されていますが、成長の過程で、イソプレン
という化学物質を高レベルで放出するそうです。イソプレンは太陽光の下で他の
汚染物質と反応し、有害なオゾンを生成するそうで、欧州で大規模なバイオ燃料用の
植物栽培が行われているとし、人間の寿命や農作物の収穫量に少なからず影響を
与える可能性があると指摘しています。ウチでもニセアカシアやクヌギなどを使用して
いますが、イソプレンの放出はあるのでしょうか、心配しています。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg