HOME ▶ サマンサ日記


戸隠でも気になる話題

天照大神が天の岩屋に籠もった話は、神話として伝えられていますが、この神話を
科学的に考える人たちがいて、天照大神の死亡説、火山噴火説、日食説などがあり
分析しているそうです。神話には、国中が常闇となり夜昼の区別も分らなくなった、と
書かれているため、日食説が有力と考えられているそうです。天文学では過去に
日食があった日や場所を知る事が出来るそうです。天照大神が存在していたと
考えられる倭国大乱前後に北九州近くで起こった日食を調査した結果、夜昼の
区別ができなかった日食を皆既日食と捉え、その中心が正午前後に金環皆既食が
通過し、日食が西から東に移動した場合、158年の皆既日食のみとのことです。
そこで、天照大神が天の岩屋に籠もった話の起源を158年の皆既日食だと考えると、
邪馬台国北九州説では卑弥呼を天照大神であるとして、卑弥呼の亡くなった、
247年に起きた皆既日食と天岩屋の伝承とを結び付けると、この日食は北九州では
日没直前に起っていて、神話の記述に合わないそうです。
ところで、天の岩戸はどのようにして戸隠に持ってきたのでしょうか。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category