HOME ▶ サマンサ日記


猫は京都市民のご要望にお応えできません

京都市は動植物性の廃油から軽油と同等品質のバイオ軽油を精製することに世界で
初めて成功し、市バスなどの燃料に使うための実用化プロジェクトを立ち上げると発表
しました。2018年度から実用化を目指し、新年度は燃料製造プラントを建設するそうです。
原料は、一般家庭からの植物廃油の回収に加え、市内の飲食店から動物性油を安価で
調達し、2018年度には、年間約150万ℓの精製を目指すそうです。1ℓ当たりの精製費は、
バイオジーゼルが145円に対し、このバイオ軽油は130円~200円になるそうです。以前、
稲藁や果樹選定で廃棄される枝などを用いた、バイオエタノールは、1ℓ、1500円から
2000円の費用が必要でしたが、これに比べると、現実的な価格まで下がったことが
嬉しいですねえ。問題は、原料の植物性油は天ぷら油と思いますが、動物性油は
ブタなどの油の部分を使うのでしょうか、江戸時代には、鯨や魚やペンギンなどの油を
使った記録がありますが、車を走らせるための家畜を開発する日も来るのでしょうか。私、
猫は油分が極めて少ないので、京都市民のご要望にはお応えできません。念のため。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg