HOME ▶ サマンサ日記


製造コストが10万分の1の太陽電池

製造コストが従来の10万分の1で、厚さ1mm以下で、折りたたむことができる、木材パルプを
原料とした、紙の太陽電池を、大阪大学産業科学研究所のの研究グループが開発した
そうです。太陽電池は小型、薄型化の研究が進んでいますが、製造コストが従来の10万分
という価格は、今後、あらゆる場所に使われる可能性があります。太陽電池は、
光エネルギーを電気エネルギーに変換する素子と電気を運ぶ配線、これらを乗せる基板で
構成されていますが、基板は、素子に太陽光が届くように、透明なガラスやプラスチックを
使うことが多いのですが、今回、研究グループは、木材パルプの繊維を厚さ15nmで、
電気の変換効率は3%と、家庭の屋根に取り付ける一般的な太陽光発電パネルの
10~20%よりも低いそうですが、なんといっても、実用化した場合の製造コストが、
ガラス基板の約10万分の1、プラスチック基盤の500分の1~5000分の1で、製造方法も、
加熱して配線を基板に付ける方法から、圧力を加える方法にすることで、製造にかかる、
消費エネルギーを減らし、環境に優しくなるそうです。ニュースを見ただけでは、まだまだ、
理解できない部分がありますが、今後、注目されると思います。
太陽光電池カーテン、日除け、壁、傘などなど、今まで考えられなかった使用方法が
提案されてくると思います。まだ分かりませんが、強度の心配がありそうです。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg