HOME ▶ サマンサ日記


木曽が信濃国になったのは1491から1515年の間

美濃国だった木曽全域が信濃国になった時期について、信州大学人文学部の
山本英二准教授が木曽郡大桑村の定勝寺の古文書から、1491から1515年の間と
突き止めたそうです。戦国時代には信濃国になったと考えられていましたが、
正確な文書で確認されたのは初めてとのことです。山本准教授は定勝寺の調査で、
仏事の最後に唱える経文の言葉を書いた、回向文12点を発見し年代が分かる5点で、
1491年には、美濃州恵那郡木曽庄とあるが、1515年には、信濃州木曽荘とあった
そうです。同じ地域の人が書いた一連の文書の中に、この間に替わったことが分かる、
貴重な文書の発見とのことです。木曽の地名が初めて出てくる、続日本紀では、
702年に、美濃国の岐蘇山道を開く、とあり、木曽は美濃国として登場し、中世は
木曽北部が信濃国、南部は美濃国で、1310年の文書に、美濃国小木曽庄の
記録があり、1647年の信濃国の郷帳には、木曽の村をまとめて記載しているが、
この間の年代で正確な木曽の所属国が分かる文書は見つかっていなかったそうです。
鳥居峠に新道が開いたのは、永享3年(1431年)で天文2年(1533年)に駅路が
開かれてそうで、それまでは信濃国からのルートはなかったと言うことになります。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、これで、木曽義仲、松本成長説が有望になってきました。

 


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg