HOME ▶ サマンサ日記


新宿区から人骨

新宿区から約4000年前の縄文時代の人骨が11人分以上見つかり、極めて保存状態が
良いことから新宿区は顔の復元やDNAから生活していた頃を調べているそうです。
国立科学博物館の鑑定によると、人骨は約4000年前の縄文時代中期から後期にかけての
もので、保存状態が極めてよく、男女3人ずつの性別や、どのような暮らしをしていたかが
分かったそうです。出産を何度か経験したとみられる女性の頭蓋骨では、歯が均一に磨り
減っていて、当時の人は自分の歯を使って革を鞣していためだそうです。さらに、家族構成や
当時の生活を調べることにしているそうです。新宿区の人骨と言えば、1989年に大量の
人骨が見つかった旧陸軍軍医学校跡地で、厚生労働省が発掘調査をしたのですが、人骨の
身元や埋まっていた経緯は不明のままで、中国で人体実験をしたとされる旧日本軍の
731部隊の拠点があったことから、市民団体が犠牲者の可能性があるとして調査を
求めていました。これは、軍医学校で働いていた元日赤看護師の女性が2006年に、
人体標本を埋めたと証言し、厚生省が発掘方針を決定しました。ただ、現段階で731部隊との
関連は不明とのことです。今後、科学技術の進化により、色々なことが判明してくると
思いますが、生きていたことを証明するものが自身の骨しかないことがちょっと寂しいですよね。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、我々猫は、何か残せるのでしょうか。



サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category