HOME ▶ サマンサ日記


明るい話題ですが数年必要です

レアアースが日本の排他的経済水域である、小笠原諸島・南鳥島周辺の海底に
多く存在することを、東京大学などの研究チームが確認したそうです。これは、
以前から太平洋の公海で広範囲に分布することは突き止められていましたが、
日本の排他的経済水域で大量に確認されたのは初めで、南鳥島周辺の深さ
約5600m~5800mの海底4ヶ所で、掘削した泥を分析した結果、埋蔵量は
国内需要の200年分以上と推定されました。今後、深さ約5600m~5800mの
海底から掘削する技術が必要になり、関連会社の株価はすでに値上がりして
いますが、レアアースの原料を海底から掘削して、実際に車など、製品に利用
されるまでには、早くて2年、完成するまでには、数年間必要とのことです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、次はメタンハイドレートの明るい話題をお待ちしております。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg