HOME ▶ サマンサ日記


がれき受け入れの検討しただけで108億円交付

読売新聞によると東日本大震災で発生した、がれきの広域処理を
巡って、環境省は、がれきの受け入れをしなかった7都道府県
10団体にも廃棄物処理施設の整備費として復興予算から108億円を
交付した、と発表がありました。交付金額が最も多かったのは、
堺市の40億円で、次いで、ふじみ衛生組合(東京都)の22億円、
埼玉県川口市の18億円だったそうです。環境省は、がれきの広域処理の
必要量を401万tと見積もっていましたが、岩手県と宮城県の処理が
進んだため、昨年8月までに169万tに減少し、自治体などの
受け入れが不要になったそうです。仕事をしないで交付された資金を、
除染に使って欲しかったのですが、猫ばばの気分にはなりませんか。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、除染費用は、全く足りていないそうです。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category