HOME ▶ サマンサ日記


DNAによる再生は3億円です

環境省は、絶滅の恐れがある野生生物の違法取引をした企業に対する罰金を、
現行の最高100万円から1億円に引き上げる方針を固めたそうです。高額の
罰金を科すことで相次ぐ不正な売買を防ぐのが狙いで、種の保存法の改正案を
今国会に提出するそうです。1993年に施行された種の保存法は、トラ、ゾウ、
ワニ、カメなど絶滅が危ぶまれている動植物について、剥製も含めて調査、
研究目的以外の捕獲、譲渡、輸出入を禁じていますが、希少価値から密輸入に
よる高額取引が後をたたず、また、罰金を支払った違反者による再犯も多く、
中央環境審議会が先月、違法取引から得られる利益に比べて、法の制裁は弱い、
と罰則強化を求める答申をまとめました。現在、環境省のレッドリストに
記載されている3597種の絶滅危惧種の内、捕獲や譲渡を禁止する、国内
希少野生動植物種は90種で、自然保護団体は対象種の拡大など法改正を
求めていましたが環境省は見送る考えのようです。お陰様で、猫はレッド
リストに入ることは無いようですが、クローン技術で再生する方法も
研究が進められているそうです。こちらは、3億円とのことです。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg