HOME ▶ サマンサ日記


長野県では昔から昆虫を食べていました

長野県では、昆虫を食べる習慣があります。時事通信によると、
国連食糧農業機関は、カブトムシや芋虫などの昆虫を食べることを
推奨する報告書を発表しました。報告書では、昆虫は、どこにでも
生息し、短期間で増殖するため環境への負荷が少ない、と説明して
います。国連食糧農業機関では、昆虫は栄養価が高く、既に世界人口の
3分の1に当たる20億人が食べている、と強調しています。ただ、
ヨーロッパでは昆虫を食べることに抵抗感がある、と指摘しています。
長野県では、昔から昆虫を食べていましたが、農薬の使用や
地球温暖化の影響を受けて、昆虫の中には激減しているものも
多くなっているようです。現在、長野県では、イナゴは東北から
購入しているそうですし、カイコの蛹は海外から輸入している
そうです。また、昆虫は宇宙旅行には欠かせない食べ物になると
考えている研究者がたくさんいます。宇宙旅行には、豚や山羊を
連れていきたいのですが、飼育規模が大きくなり、維持や打ち上げの
費用も大変なことから、カイコやハエなど昆虫を研究しています。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg