HOME ▶ サマンサ日記


根を深く張る稲の開発

深く根を張るイネの開発に成功したという、日本の研究チームの
論文が、科学誌ネイチャーに掲載されたそうです。従来のイネが
干ばつで全滅しても、収穫量を維持できる可能性があるそうです。
開発したのは、茨城県つくば市にある農業生物資源研究所の
研究チームで、深根の陸稲から、深根性に関わる遺伝子を特定し、
アジアで広く栽培されている浅根の水稲品種に導入したそうです。
この新品種は、潅漑設備の無い高地に適応させることができるそう
です。アメリカの稲作の多くは陸稲ですから、日本の稲作は
アメリカとの価格競争には勝てませんが、アメリカで農地を
借りて稲を栽培するとか、乾燥地帯に行って稲を栽培することも
可能になると思います。稲は水田でしか栽培できないと思っていた
ことが、稲作を替えると思います。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category