HOME ▶ サマンサ日記


30%首都圏の消費者は福島県産品を買わない

福島民友によると、福島県商工会連合会は、首都圏の一般消費者を対象に
行った福島県産食品などに対する意識調査の結果を発表しました。
福島県産品を買わない、と答えた消費者は30.2%で、前回調査、
2012年9月の30.4%と比べて変化がなかった。首都圏の消費者の
福島県産品に対する意識は、1年間、変化なく、福島県への風評が
根強いことを裏付けたそうです。福島県産を買わない、買う機会がない、
と答えた消費者は合わせて52%で前回に比べ0.8ポイント上昇したのに
対し、買うと答えた人は11.8%と、前回より2.6ポイント低下した。
調査は、20歳から80歳までの首都圏に住む男女500人が
インターネットで回答したそうです。これは、消費者の気持ちだと
思います。安全だと思っても、少しくらい安くても、他県のものを
買おうとする気持ちは、消費者の本当の気持ちのようです。
消費者が福島県産食品を抵抗無く購入できるまでには、時間を
少しでも短縮する方法が必要のようです。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category