HOME ▶ サマンサ日記


すべては、STAP細胞が存在するかどうかです

理化学研究所は、小保方晴子ユニットリーダーが執筆した、STAP細胞論文について、
データの捏造、改ざんを認定した、とする最終報告を発表した。小保方晴子氏一人を
排除すれば、事件は解決するような内容の発表は理解できません。共同研究者も
多数いたようですが、その人たちの処分が発表されないのは変です。論文には
今回のように、名前を貸すことで、貸した人が補助金や地位や実績を増やしたり、
上げるための共著者がいることは良くあることですが、名前を貸した人は、論文の
内容について、自分の知識や経験の中で理解できる範囲に限られます。このため、
その論文について責任が持てるものです。共同研究者がいるのに、一人だけ
処分するのは、変な話しです。結論は、すべては、STAP細胞が存在するかどうか
にかかっています。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg