HOME ▶ サマンサ日記


健康診断の座高測定と寄生虫卵検査が無くなります

文部科学省は半世紀以上続いてきた、座高測定と寄生虫卵検査を
2015年度で廃止するそうです。寄生虫卵検査は小学校3年生
以下に義務付けられ、肛門にセロハンテープを貼って、
ぎょう虫の卵の有無を調べていましたが、ぎょう虫検査を
実施している学校が多く、さらに、下水道整備や化学肥料の普及で
子供の寄生虫感染率が激減し、最近10年間の検出率は1%以下との
ことです。座高測定も寄生虫卵検査も利用価値が少ないとの理由で
廃止するそうです。座高測定と寄生虫卵検査は子供たちどうしで
差別したり、差別されたりする事例がたくさんあり、問題になって
いました。要らないものだったら、もっと早く廃止するべきでしたね。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg