HOME ▶ サマンサ日記


雉撃ちと花摘みが同じと言われても

雉撃ちと花摘みが同じと言われても、猫の私には上手な説明が出来ません。
解説するほどのものではありませんが、登山用語と言っている人もいます。
間違いではないのですが、正しくはありません。我々猫は公園の砂場でも
しますが、人間の子供たちが遊ぶため、トラブルになっています。猫の
雉撃ちは、痕跡を残さないように、現場に砂をかけて、土の中に住んでいる
微生物に後処理をお願いしています。これは、地球に優しい方法だと
思うのですが砂場で遊ぶ人間の子供たちには、汚いと嫌われています。
山登りなどの途中で、雉撃ちをするには、コースから外れて、人目に
付かない場所に入り、見られないように、見せないようにする工夫が必要です。
それに、混み合う場所では、後から、雉撃ちをする人のことも考えて、
緑の木の葉でマークを付けて置くと良いですね。緑の葉が茶色になったら
微生物の処理が終わったサインにもなります。男性は雉撃ち、女性は
花摘み、国によっては、森に行く、と言うそうです。こんな話をしていると
またか、と言う人もいますので、この辺で失礼します。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg