HOME ▶ サマンサ日記


鯨を食べること

鯨を食べることは、世界から非難されることなのでしょうか。
昔から、鯨の油は、灯火用燃料に用いられてきました。
江戸時代の行灯に用いられ魚油よりも匂いが少なく、植物油より
安価だったため、庶民が利用していたそうです。石鹸の原料や
皮革製品の製造過程に用いられ、 20世紀初期には、ダイナマイトの
原料である、ニトログリセリンの製造に用いられていました。また、
江戸時代に開発された害虫駆除は、水田の表面に油膜をつくり、
そこに害虫を叩き落として窒息させていました。また、鯨の油は
機械用潤滑油として、低温でも凝固しにくい利点があり、寒冷地に
おける軍事用車両に用いられていたそうです。鯨油は食用としても
用いられていました。お世話になった、マーガリンも20世紀初めに
硬化技術が開発され使われていました。牛や豚は食べて良いのに
鯨を食べてはいけない理由はなんなんでしょうか。鯨は減っている
のでしょうか。繁殖や養殖技術が研究されていないのでしょうか。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg