HOME ▶ サマンサ日記


被爆したら、ビタミンC

各紙のニュースによると、高い放射線量に被曝した場合に起こる骨髄損傷などの
放射線障害について、防衛医大の研究チームは、大量のビタミンCを、直ちに
投与することで大幅に軽減できたとする研究結果を、米科学誌に発表したそうです。
猫には分からないのですが、高線量の放射線を全身に浴びると、強い酸化作用を
持つ活性酸素が細胞内に大量に発生し、活性酸素は細胞膜や遺伝子などを傷つけ、
骨髄や腸管などの臓器を損傷させる恐れがあるそうです。このため、活性酸素を
抑える抗酸化作用を持つ、ビタミンCに着目し、致死量である約7.5シーベルトの
高い量の放射線をマウス30匹に照射して、ビタミンCの投与後の効果を調べた
そうです。その結果、体重1㎏あたり3gの大量のビタミンCを投与した15匹は、
骨髄細胞の損傷が抑えられて14匹が生存し、何も投与しない15匹では8匹は、
骨髄細胞が死滅して1~2週間で死んだそうです。と言うことで、被爆しそうな
場所には、ビタミンCの多い食品を植えましょうか。
ではまた、広報担当サマンサでした。
食品を


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg