HOME ▶ サマンサ日記


太陽光発電の欠点は夜は発電しないことです

朝日新聞によると、JAXAらは電気を無線で送電する宇宙太陽光発電実験に
成功したそうです。宇宙太陽光発電は電力をマイクロ波に変換して宇宙から
地上に送る構想で、日本では1980年代から本格的な研究が始まったそうです。
昼夜や天候に影響されることなく、発電できることが特徴で実現には、コストの
大幅な削減などの課題があるが、JAXAらは直径2~3㎞の巨大な太陽電池
パネルを使えば、原発1基分、100万Kw相当の発電ができると試算しています。
ただ、強力なマイクロ波は人体や環境に悪影響を及ぼす恐れがあるため、極
めて高い精度で、マイクロ波の向きを制御して、狙った場所にピンポイントで
送電する必要があります。以前、噂されていましたが、ロシアで短波帯の電波を
使って実験していました。送電には成功したようですが、とてつもなく、効率が
悪かったようですが軍用に使っていたようです。
ではまた、広報担当サマンサでした。



サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg