HOME ▶ サマンサ日記


1000年前の薬の原料

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌は健康な人には、害のない細菌ですが、
感染すると細菌を死滅させる薬が効かなくなるという怖い細菌です。
そんな細菌を1000年前の治療法で死滅させることが可能であることが
分かったそうです。1000年前のアングロサクソン人が眼感染症の治療法
として用いていたそうです。1000年前に考案されていたという方法を
用いると、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌のほとんど殺菌してしまうそうで、
専門家も驚いているそうです。1000年前の治療法は、大英図書館に保管
されている、Bald's Leechbookと呼ばれる古い医学書の中に記されていた
もので、アングロサクソン人の研究を行っている、ノッティンガム大学の研究者
らによると、ニンニク、玉ねぎ、ニラ、ワイン、雌牛の胆汁の4種類を混ぜて
作られていたそうです。原料が分かったら、なんとなく、効果がある気がします。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category