HOME ▶ サマンサ日記


1日3万個出荷できるレタスの工場

野菜工場事業を展開する京都の会社が完全自動化したレタス製造工場を
建設するそうです。レタスの出荷価格@100円で、一日3万個、年間365日
出荷すると売り上げは、10億9500万になります。植物工場は、これまでに、
キノコ、三つ葉、イチゴなどが実用化され、多くの植物工場は営業停止に
なっています。その理由は販売価格の低下です。キノコの場合、当初、
100g、180円から200円で販売されていましたが、栽培工場が多くなるに
つれて、低下し、100gあたり20円前後になり、工場が淘汰された現在は、
30円から60円で推移しています。植物工場のレタスの場合、先ず、重量は
露地栽培の半分以下で、20%程度での出荷も考えられ、価格は、1個あたり、
40円から50円程度と思われます。この価格で年間通して栽培可能かどうか
が重要な問題になります。レタスの栽培には年間20℃程度と思われ、
冬の暖房、夏の冷房が必要で、電気代を支払って栽培することが可能かどう
か注目を集めています。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg