HOME ▶ サマンサ日記


諏訪湖の魚の大量死は200年も前からある

諏訪湖で、7月26、27日に大量死したワカサギなどに関する調査結果の説明が
ありました。今月、9月3、5日に諏訪湖全域で行った投網による試験捕りでは、
1年魚の水揚げ量は、37.55㎏と過去5年間と比べ、生残率は19%と激減した。
また、諏訪湖内6ヶ所での定点観測から割り出した、1匹あたりの体重は、
大量死する直前の7月23日は0.68gだったが、直後の7月31日は0.90g、
9月5日は2.59gで通常の3~4倍に急成長していた。個体数の減少で餌が
十分あったと見られるそうです。12月頃には約5、6gまで成長するそうです。
大量死の原因について、酸素が少なく魚介類の生存に適さない湖底の
貧酸素水が湖全域に及んだことによる窒息死と断定し、風と気温の低下で、
上層の水温が下がり、貧酸素水が混ざりやすくなったことが原因に挙げら
れるそうで、水中の酸素濃度の測定では、大量死した、7月27日は
酸素濃度が高いとされる上・中層部でも通常の半分以下の数値しかなかった。
諏訪湖の貧酸素水の混合は今後もあり得るとして、8月24日に応急対策を
国に要望した、とし、貧酸素水をサイホンの原理でくみ上げる方法について
県と話を進めたいそうです。対策方法は分かりましたが、原因について、
魚の大量死は200年も前からあるとの証言もあり、湖底が貧酸素水になる
理由をもうすこし科学的に書いていただくと、新たな対処方法があるかも
しれません。ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg