HOME ▶ サマンサ日記


トリチウム処理にかかる時間と費用

東京電力福島第一原発に、溜まり続けている低濃度の汚染水対策で、除去が難しい
放射性物質、トリチウムについて経済産業省の作業部会は、分離は困難とする評価を
まとめ、5つの処理方法を検討した結果、水で薄めて海に流す方法が最も短期間で
安く処理できると評価したそうです。福島第一原発の敷地内には、溶け落ちた核燃料を
冷やす為、注水などで発生した汚染水が約80万t溜まっていて放射性セシウムなどの
除去設備、アルプスで取り除いているが、トリチウムは水分子を作る水素そのものが
放射化したもので、いまある設備で分離するのが困難とのことです。処理方法は(1)
深い地層に注入する方法。13年かかり、費用は3884億円。(2)水で薄めて海に流す。
7年4ヶ月。34億円。(3)蒸発させて大気に放出する。9年7ヶ月。349億円。スリー
マイル島で試験済み。(4)電気分解して大気に放出。8年5ヶ月。1000億円。
(5)セメントで覆う。8年2ヶ月。1523億円。とのことで、処理費用では確かに、水で
薄めて海に流す、が一番安いのですが、その分、海が汚染されるとことになります。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category