HOME ▶ サマンサ日記


75%の水で育つ作物の研究

Nature Communicationsによると、収穫量の減少を抑え、植物の
生育に必要な水の量を4分の1減らせる遺伝子組み換え技術を開発
したとする研究論文が発表されたそうです。日本では水不足が
深刻になることは少ないようですが、海外から輸入される食品は、
輸出国の水を大量に使用して生育したものが日本に輸入される
ため日本の水を使用している感覚は無いのですが、輸入作物1tに
対し、水は10倍の10tほど必要のようです。米イリノイ大学
(University of Illinois)などの研究チームは、モデル作物として
実験によく使われる植物のタバコの単一遺伝子を改変して、通常
必要とする水の量を75%しか使わずに正常に近い大きさにまで
成長させることに成功したそうです。日本でも外国産の食品を
食べるために水が少なくて育つ植物の研究をするべきです。一方、
輸入されている牛も豚も羊も鶏も輸出国の植物を食べて大きく
なり日本にやって来るのですよね。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg