HOME ▶ サマンサ日記


既存する薬を他の病気への効果を人工頭脳が予測

西日本新聞によると蓄積された医療ビッグデータを人工知能で解析し、
既存する薬が全く別の病気に効くかどうかを予測する、人工頭脳創薬
システムを、九州工業大の山西芳裕教授、生命情報学が開発したそう
です。病気ごとに違うタンパク質の異常に着目し、人工知能で類似パ
ターンを探し当て、薬が代用できるかを照合するそうで、従来とは違
う新たな薬開発の手法として、既に大学病院や製薬会社と具体的な研
究に乗り出していて、難病や希少疾病の治療薬の開発につなげたい、
と話しているそうです。と言うことは、数百年前の薬や数千年前の薬
も研究対象になる可能性もあります。ワクワクしますね。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg