HOME ▶ サマンサ日記


江戸時代から自慢の水です

水は人口の減少により使用量が減る中、水道管の更新費用が負担となり、
経営が悪化しているそうです。家の井戸は江戸時代には、酒造りに良い
とのことで近くの酒屋さんが、朝夕、大きな樽を荷車に積んで、運んで
いたそうで、最近まで、市でも災害の場合に備えて、水質検査を行い、
水が必要な場合、皆さんに提供してほしいと言われていたそうです。
それが市営水道が赤字になりそうだとのことで、飲料水は、もちろん
生活に必要な水も庭の植木にあげる水も、温室の植物にあげる水も、
水道水を使うように言われているようです。今は、飲み水や炊飯用の
水はペットボトルに入った飲料水を使っていますし、金魚やメダカ用
の水は、塩素の入っていない井戸水を使っています。水、もっと考え
て見る必要がありそうです。ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category