HOME ▶ サマンサ日記


極楽へ行路用金勘定

一 極楽東門迄拾万億道但し一日に
  弐拾五里積 日本の三拾六町一り
  にして
   合弐百五拾万億里
一 往生人の内 老人小児
  女病人ホ有之に付一日に
  五里歩行の積り
一 泊り日数合五拾万億日
  壱ヶ年に三百五拾五日の割
一 極楽東門迄道中年数
  合千四百弐拾弐年百
     九拾日 
一 旅篭一泊り六拾四文 
  昼飯三拾弐文宛 
  合五百億貫文 
一 草履一日に一足七文宛 
   合三千六百四拾五億八千
   三百三拾三万三千三百三拾
   三貫ト三百三拾二文
一 上戸一日ニ酒拾弐文 下戸
  餅拾弐文ツッ
   合六千弐百五拾億貫文
 右道中入用三口〆
 答曰ク 五万九千八百九拾
     五億八千三百三拾三万
     三千三百三拾三貫ト三百
     三拾弐文
此金高 銭両替七貫弐百文
   壱万三千六百拾弐億
  答六千八百九拾三万九千
   九拾三両三分ト七百
    七拾弐文
右金子千両箱に入
箱数拾三億六千百
弐拾六万八千九百四拾箱
一 酒一日に弐合積り餅も 
 平物に〆桝数
 合千億石 
右桝の数千石船に積 
船数合壱億艘
右の通り極楽東門迄の
道中用意可致事也
是迄死行人多く有之
候得共一人として
便なきこそ道理な利
日本開闢より漸二千余年也
然ば初メより死行人いまだ
極楽へ到着せし者一人
もなく 定る道中にうろたへ
盗賊方に取りいられん
右金子無之人ハ必〃
往生を願ふべからず
如来貧福貴賤老若
男女共に至やす さ
やうにとて恵せぬ六千の
小法かひ念仏にて
中々思ひも寄らぬ
事共也 随分息才にて
味きものを喰ふて
したひ事をするが肝
要也
各々様能〃御勘弁
被成候哉 御一人前 右の
路用金並に扶持方酒の
類如此御座候 已上

村松古寿 花押
(江戸時代の人が計算した、極楽東門まで行くのにいくら掛かるか、
を訳して見ました。古文書のコピーを販売しております。)


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg