HOME ▶ サマンサ日記


共和小学校に駐留した部隊は

信濃毎日新聞によると、太平洋戦争末期の昭和20年に共和小学校、
川中島小学校に駐留した陸軍部隊は、米国との本土決戦に備えて
千葉県で編成された後、大本営陸軍部を構成する参謀総長の
指揮下に入っていたことが分かったそうです。陸軍中枢の直轄
部隊で、軍事史の専門家は、松代大本営地下壕の防衛など、急を
要する重要任務を帯びていた可能性がある、と指摘している。
部隊は昭和20年7〜9月に川中島小学校と共和小学校に駐留し、
長野市誌などで捷36395部隊、水戸の工兵隊と伝わる。
松代大本営地下壕を調べている元高校教員土屋光男さんが興味を
持ち、令和元年5月、防衛省防衛研究所戦史研究センターに照会し、
同センターが記録を調べたところ、この部隊が昭和20年6月に編成
された、独立工兵第94大隊と同一部隊と判明した。大隊は米軍の
本土上陸を阻止するため千葉県の九十九里浜方面に配備された、
第52軍内に編成され、870人態勢で、7月から参謀総長の指揮下に
入ったことが分かったそうです。土屋さんは第52軍が房総半島に
展開している時に何故、信州に同大隊が駐屯したか知りたい、と
住民に聞き取りを始め、ある住民は、家に寝泊まりしていた大隊
幹部が戦後間もなく自分の父親に、長野市篠ノ井共和、中尾山に
高射砲の土台を造りに行った、と漏らしたのを聞いたと証言。
この住民は中尾山で痕跡も見たという。長野市安茂里の村長は
日記に、部隊が複数の洞穴を構築する準備をしている、と記した。
土屋さんと地元郷土史家の塚田武司さん、岡村元一さんは敗戦
直後に入った、という平瀬忠義さんの案内で、洞穴があったと
みられる場所を確認した。軍事史に詳しい山田朗・明治大教授は
参謀総長の直轄部隊であれば、資材を優先的に振り分けられ、
軍の枠を超えて工事ができたと指摘、高射砲土台の構築は、
近くにあった長野飛行場や松代大本営地下壕を守るためだった
可能性もある、と指摘している。村の歴史なので、新聞を
参考にしました。ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category